おいしい野菜を食べよう

野菜には身体に嬉しい栄養がタップリ!

野菜には私達の身体に必要な栄養素が沢山含まれており、毎日の食事にバランスよく取り入れることによって健康や美容を維持する事ができます。
含まれている栄養には、ビタミン、食物繊維、カロテン、ビタミンCなどとても豊富なのです。
野菜は緑黄色と淡色に分類することができ、この分類の違いがカロテンが含まれている量によって行われています。
カロテンが少ないと言っても他に様々な栄養が含まれているため、バランスよく食べる事が大切です。
現代人の食事の場合ほとんどの人が不足していると言われていますが、実際に1日に摂取が必要とされている量は350~400gです。
毎日この量を食べるのが難しい場合にはジュースなどを飲む人も多いのです。
また野菜には旬があり、旬な時期に食べるのが最も栄養が高いと言われています。
現代ではスーパーに行けば1年を通してほとんどの種類が購入できるためどれが旬なのかわからない人も増えているのです。
夏に旬のものは水分が多く、身体を冷やしてくれる効果があり、冬が旬なものであれば身体を温めてくれる効果があります。
このようにその時期によって身体に必要な栄養や効能があるので、旬を知っておくと健康や美容に役立てる事ができるのです。

仕事に生活に役立てたい!野菜に関する2つの資格

自分や家族の食生活に役立てたい、食品関係の仕事をしているので活かせる知識を学びたいという人に、おすすめの資格の一つが、野菜に関する資格です。
多くの人にとって健康的な食生活に欠かすことのできない食材であり、その種類の多さから、日常生活で関わるだけでは、なかなか把握しきれない奥深さもある野菜には、それに関する資格として、ソムリエ資格とコーディネーター資格とがあります。
ともに、資格取得を目指すことで、野菜の保存方法から栄養面、料理方法など、幅広い知識を身に付けることができます。
ただし、ソムリエ資格の場合は、ジュニアコースからシニアコースまで3段階のレベルがあり、ジュニアコース以外は通信講座のみでの取得はできないようになっています。
それに対し、コーディネーター資格は、レベルによる段階分けはなく、通信講座を修了することで資格を得ることができます。
仕事など専門的な場で知識を活かしてみたい人には、ソムリエ資格が、趣味や家族のために知識を活かすことを目的に取得を目指している人には、コーディネーター資格が向いているかもしれません。
それぞれの目的に合わせて、どちらの資格を目指したいか、どのレベルを取得したいかを検討した上で、資格取得を目指すと良いでしょう。